骨格診断とは

骨格診断とは、個々の身体の厚み、重心位置、骨や関節の発達のしやすさ、筋肉と脂肪の付き方など、生まれ持った身体の「ボディライン」や「質感」の特徴をもとに、自分の体型をよりスタイルがより良く見えるファッションを導き出すメソッドです。

この診断では、自分の体形に似合う服の「形」と「素材」、「着こなし方」を導き出すことができます。

骨格タイプに合うものを身に着けていると、スタイルがよく見える、着やせして見える、あか抜けた印象になる、品質が良いものに見えるなどの効果があります。

以下、一般的な診断方法および診断結果の分類をご紹介します。※サロンにより異なる場合があります。

診断方法

コンサルタントがお客様の身体を実際に触らせていただき、診断します。
「筋肉のつき方の特徴」「脂肪のつき方の特徴」「関節の大きさ」などの個性を調べます。
ネックレスやベルトの位置を変えるなどにより、重心バランスの確認も行います。

多くのサロンでは、3つの骨格タイプのうち、どのタイプに当てはまるかを診断します。

診断によって分かること

3つの骨格タイプの特徴

骨格ストレート
重心は上重心。メリハリがあり、立体的な体型。筋肉が付きやすいです。
身体につかず離れずのジャストサイズや、ジャストウエストが似合います。
トップスはVネックやUネックなど、首元は広めに開けた方が似合いやすいです。
ボトムスは縦のラインを強調するすっきりした形が得意です。

骨格ウェーブ
重心は下重心。脂肪は柔らかい質感。脂肪がつきやすいです。
フィット&フレアのシルエットが得意です。
トップスは首元が詰まったものや、ボートネックなどの横長に開いたデザインが似合いやすいです。
ボトムスはハイウエストや胸下切り替えなど重心位置を高く見せてくれるデザインが似合います。

骨格ナチュラル
重心に偏りはありません。身長に対して手足が大きめ。骨や関節がしっかりしています。
オーバーサイズ気味のシルエットが似合いやすいです。
トップスはゆったりとしたサイズ感で着丈が長いもの、ボトムスも長めのものが似合います。
ローウエストや、トップスをボトムスにインしない着こなし、ウエストの絞りがないデザインが得意です。

関連記事

  1. パーソナルデザイン診断とは

  2. 顔タイプ診断とは

  3. パーソナルカラー診断とは